会社情報 | サイトマップ・検索

「DAブラックホール ver. 1.7」 電話番号・交換機情報 解析ソフト


DAブラックホール1.7
DAブラックホール1.7
・DAブラックホール
・バージョン1.7
・Windows 2000/Xp/Vista/7/8/8.1 用
・Windows 10対応(1.7 Professionalのみ)
・価格 ¥24,800~56,800 (税込)

電話番号・交換機情報の定番解析ソフトウェア大好評!! 15年以上のロングセラー

DAブラックホールは、電話番号から回線情報を解析・一覧表示します。空番号の確認、故障の切り分け、テレマーケティングのインバウンド/アウトバウンド支援など多くの現場で活用されています。

解析時間 最短 約 0.9 秒 ※1

使い方はシンプル。
電話番号を入力して解析ボタンを押すだけのカンタン操作。
解析にかかる時間は、1番号につき 最短 約 0.9 秒。
使える電話の判断を迅速に支援します。

DAブラックホール 入力と出力

優れた経済性, 解析は原則無課金※2

RDD用の番号作成例

解析における課金率が極めて低く、経済性に優れています。

64Kデータ通信モードによる、1000件の番号抽出実験では、
・抽出有効番号 710件
・うち課金9度数(90円)
・空番号ほか 290件
であり、課金率は1%未満(0.9%) です。※2

外部ファイルのインポート解析が可能・結果のエクスポートも自在

お客様が用意した電話番号のテキストデータを読み込み連続解析する「シーケンサー」機能、指定した番号の範囲を連続解析する「インクルード」機能など、強力な連続解析機能を装備。

さらに、解析結果をCSV形式でエクスポートすることが簡単にできます。

エクスポート機能
インポート・エクスポート機能
インクルード機能
インクルード機能

一般の携帯電話/TA(ターミナルアダプタ)を使用

解析に用いる機器は市販の携帯電話/TA/PHSであり、高価な機器を必要としません。

携帯電話(3G)/PHS回線での構成例
携帯電話・PHSの構成例
有線電話(ISDN)回線での構成例
ISDNの構成例

個人から企業まで、幅広い実務に対応

 テレマーケティング/コールセンターのCTI技術担当者による大規模複数運用はもちろんのこと、
「1ライセンス(1回線)から購入でき、初学者でもセットアップしたその日から動かせる」
という安心の構成・価格で、研究者・学生・調査統計業者・個人事業者・企業の情報システム部門に人気のソフトウェアです。
 1996年の発売以来、おかげさまで15年以上にわたり愛され続けています。

製品概要

  • コールセンター等の子番号・携帯電話・特殊回線・構内交換機の解析探索がこのソフトウェアで行えます※2
  • テレマーケティングセンターにおけるインバウンド/アウトバウンドの管理に役立ちます
  • 希望する電話番号が現在 空いているか、このソフトウェアで探せます※3
  • 複数インストールで最大16回線まで識別・制御※4 理論値・要追加ライセンス

機能・特徴

  • ITU-T国際標準に基づいて、交換機が返答するオクテット4 理由表示情報要素(収容状態、故障状態、輻輳状態、アナログ/デジタルのおおまかな判別、転送の有無、子番号の配番状態ほか)やオクテット5診断情報・一部のキーパッド情報を、わかりやすく可視化
  • 交換機の回答生成源について自局・中継局(郡局)・端局の区別を表示(オクテット3)
  • クラス・各オクテット等の意味をわかりやすく標準語化した「分析結果」を各電話番号について表示

※「分析結果」は参考表示です。分析の技術・解析結果の判断はユーザー側に責任が帰属します。


価格


DAブラックホール1.7

Standardライセンス \37,800 (税込)
Elements \24,800
Professional \56,800

購入ボタン

お見積書をご希望の方は、 こちら にて承っております

複数ライセンス割引をご希望の方は、 複数ライセンス購入ガイド をごらんください

Since 1996/01 (利用者確認製品・004)

動作環境

OS Windows 2000/Xp SP3 (32bit)/Vista SP1/Windows7
Windows8/8.1
※Windows10対応について
CPU/メモリ/HDD CPU:500MHz以上
メモリ:256MB以上
HDD:20MB以上(インストール)
メディア CD-ROM
またはインターネットからのダウンロード
ディスプレイ 800×600以上の画面解像度
(High Color以上)
回線環境/通信機器 ISDN規格の電話回線(NTT INS64、docomo FOMA、ワイモバイルのPHSなど)
および対応通信機器
(ひとつのPCにつき最大16回線まで)

旧製品(販売終了製品)

※ソフトのご購入・お問い合せはこちらです