ダイアモンドアプリコット電話研究所:トピックス

DAブラックホール ご利用のお客様

ソフトウェアを最新に保ってください

古いバージョンではライセンス認証を保持できなくなるおそれがあります


ダイアモンドアプリコット電話研究所

DAブラックホールシリーズをご愛用くださいまして、誠にありがとうございます。

日本時間2022年6月16日をもって、Microsoft Internet Explorer(以下IE) のサポート終了が告知されています。

古いバージョンのDAブラックホールはIEを間接的に使用して、ライセンス認証とその保持、Webコンテンツの表示を行っているため、IEサポート終了の影響を受けます。

背景
従来のDAブラックホールは、ライセンス認証サーバーへのアクセスにIEとCookie(HTTP Cookie)技術を併用して認証状態の保持を行っていました。
最新のDAブラックホール1.8の安定バージョンではIEをライセンス認証に用いておらず、IEサポート終了の影響を受けにくい設計です。
しかしそれ以外のバージョンでは、IEを使用するため、サポート終了の際に行われるベンダーの施策(IE→Edgeリダイレクトなど)によっては、従来と異なる動作をするおそれがあります。
問題点
現時点で考えられる影響として、ライセンス認証が保持されないことが予測できます。具体的には
・DAブラックホールを終了すると、ライセンス認証も失われる
・一定期間ライセンス認証は保持されるが、非常に短命である(最長2週間程度)
といった事象として表面化すると考えられます。
この事象を予期していないユーザー(お客様)は、ライセンス認証が失われるたびにライセンス認証を試行する可能性があり、その挙動の結果、許容されているライセンス認証回数を枯渇させることにつながります。※1
お客様にできる対応策
DAブラックホールは、常に安定版以上の最新バージョンを使用してください。
ソフトウェアの自動更新を有効にし、アップデートの指示が表示された場合は適切に操作してください。
新規インストールの際は、常に当社から最新のインストーラーをダウンロードしてご利用ください。古いインストーラーやCDのインストーラーは使わないでください。
ライセンス認証できる上限数に達した場合
古いバージョンを使用するなどして、誤ってライセンス認証の上限数になってしまったときは、1ライセンスにつき、1年間に一度だけ「PC差し替え」を理由にサポート経由で手動ライセンス認証を行う救済制度を利用することができます。
ただし複数クライアント契約をご利用で救済制度だけでは稼働クライアントが足りないときや、過去1年以内に救済制度を使用済みのときは、ライセンス認証ができる日時までの期間(約1~2ヶ月)のライセンスをご購入いただきます。
DAブラックホール1.8 Professional 3,490円/月/クライアント
DAブラックホール1.8 Standard 2,490円/月/クライアント
DAブラックホール1.6/1.7のお客様
DAブラックホール1.6/1.7をご利用中の方で、ライセンス認証を保持できなくなりお困りの方も、DAブラックホール1.8のお客様と同じ価格(前項)でDAブラックホール1.8を一時利用いただけます。
その場合は初期費用を免除させていただきます。※2
お申し込み方法
ユーザーサポートまでお問い合わせください。

これからも当社は、動作環境の情報収集と情報提供を行ってまいります。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連ページ

文書番号:90220619 IEサポート終了の影響例


[注]

※1 ソフトウェア利用許諾契約 第3条 制限行為d 再割り当ての頻度は90日間に1回までに制限

※2 新規契約料2,200~3,300円を免除いたします。加えて1.8への乗り換えの場合は1ヶ月分の利用料を割引、同時に年間契約をされたお客様には、さらに1ヶ月分の利用料を割引かせていただきます。

文書番号:90220602